経営企画株式会社VSN

エンジニアの課題解決力向上
情報収集の効率化・分析の迅速化

株式会社VSN
VIマネージングコンサルタント
桑山 和彦 氏

エンジニア人材サービス会社である株式会社VSNは、派遣先の「ものづくりの現場」から「経営課題」を解決できる人材の育成を目指しています。

その一環として、エンジニアを派遣するだけでなく、問題解決・コンサルティングも行う「バリューチェーン・イノベーター」(VI)という付加価値サービスを展開。クライアントおよびクライアントを取り巻く経営環境を分析するノウハウ・スキルの品質向上や分析力アップ、標準化、業務効率化のために弊社が提供する情報収集・分析ツール「日経バリューサーチ」をご導入、ご活用されています。

サービス導入背景、情報収集の効率化・分析の迅速化

当社(注:株式会社VSN様)は元々、一般的なエンジニア派遣サービスのみを行う会社でした。転機はリーマンショックです。業績悪化のためお客様先の社員が解雇される一方で、派遣契約が継続となった当社エンジニアが複数名おりました。その理由はなぜなのか、当社でその原因と彼らの特徴を分析した結果、彼らは技術力の提供だけでなく、お客様の課題を自ら見つけ、解決に向けて主体的に活動をしていることが分かりました。
技術力だけでなく課題解決力も身に付けた人材を「バリューチェーン・イノベーター」として全社的に育成する戦略を取ることでお客様に付加価値サービスを提供し、他社との差別化を図ることができています。

お客様の問題解決には、お客様を取り巻く環境の理解から始まります。日経バリューサーチ導入前は、この作業を人の手で行っていました。上場企業のIR情報、あるいは非上場企業であれば帝国データバンクなど複数の企業情報データベースでデータを検索しチャート化していました。しかし、その作業にはコストと時間が非常にかかります。

VIサービスを全社的に拡大するためにはコストや時間の削減が課題だ、と感じていた時に「日経バリューサーチ」を知り、そのレポート機能に驚き導入を決めました。日経バリューサーチでは企業の財務データはすでにグラフ化され上場企業と非上場企業が同じサービス画面から取得できるなど、必要な情報は全て揃っています。市場動向や競合企業・業界プレーヤー・業界の特性などが定期的に更新されており、これなら情報収集時間が大幅に短縮できると思いました。またコスト削減だけでなく、収録データの品質が担保されており全てのお客様に同じ形式でデータや分析結果を提示できる点も、導入に至った理由です。正確な情報の収集の効率化を図り、定量情報の分析を迅速化できる事は、お客様の取り巻く環境を理解する上で必須と考えました。

質問力の高さを生む日経バリューサーチ

VIサービス提供に際し、まずはクライアントにインタビューを行います。インタビューではお客様の取り巻く環境を理解し、信頼関係を構築することが非常に重要です。事前に財務指標について日経バリューサーチを使って情報収集を行い、時にはレポート作成し、クライアントに提出します。
加えて日経バリューサーチの業界レポートを活用し、業界の状況、今後伸びるセクター、衰退するセクターなどについて分析します。第三者の視点に立ち定量的に業界を俯瞰することで、業界内部の人には分からない気付きがあり、大きな信頼を得ることが出来ます。

また、日経バリューサーチのスクリーニング機能をクライアント新規開拓や重点派遣先の選定、プロジェクトの検討などの経営判断にも役立てています。例えば、今後伸びる業界を分析し営業戦略を立案するならば、その業界の営業利益率やROE(株主資本利益率)、研究開発費比率などをチェックします。さらに各エンジニアのキャリア形成方針を検討する上でも、マクロ情報などを正しく理解し業界の動向を把握することが重要です。受注や派遣先選定の判断に必要な情報も日経バリューサーチから入手することができ、多目的に活用しています。

そのほか、仮説立案・実証にも使っています。例えば、業界レポートに収録されている売上高研究開発費率を用いてコストの推移を把握すると、売上高研究開発費率が高まる傾向は必ずしも良いとは言えないことが分ります。なぜなら、プロジェクトに課題があって納期遅延が起きた場合や、製品の不良品対応や不具合への対応で想定外の人件費が掛かった等が原因となる場合があるからです。こうした仮説立てをする際に、根拠となるデータとして日経バリューサーチの正確なデータと指標を使っています。自分の中に仮説を持っていることでお客様が発言した重要キーワードに対する受け答えが速くなります。質問力の高さを生む日経バリューサーチは、お客様とのインタビューの準備をする際に必要不可欠となっています。

SFA連携による提案力強化、今後の人材育成

VSNでは社内資格制度によって社員の問題解決スキルを3段階にレベル分けしています。トップがエキスパートで、現在は私を含め2人、次がプロフェッショナルで20人、アソシエイト500人が続きます。現在、日経バリューサーチにアクセスできるエンジニアを限定していますが、プロジェクトの進行過程で現場からヒントを得たメンバーからの「この件について調べて欲しい」という要請が増えています。今後はアソシエイト500人も自由に活用できるようにしたいと考えています。また、SFA(営業支援システム)との連携も検討しています。SFAに連携して急な案件であっても誰でもデータを取れる状況を作ることが出来れば提案力は一層強化されると期待しております。

当社は(とある調査の)理系就職ランキングで昨年は63位にランクインしました。人材派遣業界が上位にランクインすることは珍しく、このランクインはVIという差別化要素が単なるエンジニアという枠を超えたキャリアを描けることに起因しているのではと思っております。
今後も問題解決力を備えたエンジニア集団として日経バリューサーチを使いこなし、よりお客様の取り巻く環境を理解できる人材を育成していくつもりです。

導入事例

日経バリューサーチがご提供する
確かな情報と多彩な機能によって、
ビジネスを変えたお客様の事例をご紹介します。

 
質問力の高さを生む日経バリューサーチは、お客様とのインタビューの準備をする際に必要不可欠となっています...
(旧インテリジェンス)
限られた時間や情報の中で、なぜこの会社を選んだかという転職志望動機を明確に固めることは思いのほか大変です...
グローバルマーケティング本部
SFA(営業支援システム)との連携APIが用意されていることを考慮し、日経バリューサーチを選択しました...
コーポレートマーケティング室
日経バリューサーチの業界情報で個々の会社よりも広いスコープでリサーチした上で、営業部門と相談して次の展開...
経営推進本部 経営企画部
訪問先企業の財務データなどをグラフ化して出力し、メンバーと共有することで、より突っ込んだ議論や意見交換が...
 
以前は3種類のデータベースにアクセスしていました。日経バリューサーチなら1つのサイトで一括検索できるところが...

導入実績

業種・部門を問わず
多くのお客様にご導入頂いています。

  • メガバンク
  • アセットマネジメント
  • ブティック型コンサル
  • 建設
  • 地方銀行
  • 監査法人
  • 電機・通信
  • 食品
  • 証券会社
  • 大手戦略コンサル
  • 医療・介護
  • 人材派遣 など
ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
日本経済新聞社・デジタル事業ヘルプデスク

TEL 0120-216-216
(平日9時~19時)