営業企画部門株式会社図研

日経バリューサーチを使えば、瞬時に業界レポート作成

事業拡大のためのソリューションとして導入

社内で「新しい事業を拡大していこう!」「そのためには、これまであまりお取引のなかったお客さまにもアタックしなければいけない」と考えているところに、ちょうど「日経バリューサーチ」を紹介してもらい、渡りに舟ということで契約しました。熟知している業界・お客さま以外の領域にもビジネスを拡大させる目的で、「日経ValueSearch」と「日経テレコン」を使いアプローチすべき企業・業界を調べております。

情報収集を効率化し、マーケティング部門のバリューを追求

我々の新入社員時代の調べものというのは、時間をかけて、いろいろなところから情報を収集してレポートを作っていたものですが、その当時と同レベルのレポートは「日経バリューサーチ」を使えば、数分で作成できるようになりました。

ただ、ボタンひとつでほとんどの情報が出てきてしまうので、新しく入ってきた人が自分で調べるということが身につかないのでは・・と心配はありますが、マーケティング部門のバリューは、情報を集めるところではなく、それを商談につなげていくところ。情報収集に時間をかけたくないので、「日経バリューサーチ」は非常に有効に活用させて頂いています。

営業戦略に業界情報を活用

ある案件がまとまった時に、他に商談の可能性がある業界を探し、業界全体のトレンドや課題をまとめて、営業部門に情報提供するのが我々の仕事のひとつ。そこで「日経バリューサーチ」の業界レポートとその業界に所属する会社のリストを使っています。営業部門からリクエストが多いのもその部分ですね。

例えば、医療関連のアプリケーションを開発して、それを医療機器業界の会社に営業したいとしても、インターネットで「医療機器」で検索して営業先を探すのはとても難しいですし、その業界に汎用的に適用できるのかをインターネットの情報で判断していくのは大変です。

そういったときに「日経バリューサーチ」の業界情報で個々の会社よりも広いスコープでリサーチした上で、営業部門と相談して次の展開を決めています。「この地域のこういう業種を攻めたい」「新しい営業の切り口が欲しい」といった営業部門からのリクエストの対応にも「日経バリューサーチ」が役立っています。

今後のSFAとの連携に期待

7年前にSFA(営業支援システム)を導入し、仕事自体がSFAをベースに回り始めているので、SFA上でニュースなどの外部情報が取れるのはいいですね。訪問前にニュースをチェックするのはすでに常識なので、それを効率化・簡略化していくという意味では喜ばれると思いますが、もう一歩先が欲しいですね。

検索して何かが出るのではなく、行動記録や企業名を入力したときに「これを見ておいたほうがいいよ」と教えてくれるレコメンド機能や、行動情報に連動して情報をプッシュしてくれる機能とか、究極的には自分たちがマニュアルではできないこと、気づかないことを日経バリューサーチとSFAの連携で実現してくれることを期待しています。

導入事例

日経バリューサーチがご提供する
確かな情報と多彩な機能によって、
ビジネスを変えたお客様の事例をご紹介します。

 
財務分析のほか、コーポレートガバナンス報告書、株主構成情報、議決権行使状況などの非財務情報を収集して企業分析をするなどにあたり、日経バリューサーチはワンストップで必要な情報を取得できるので助かります。
グローバルマーケティング本部
SFA(営業支援システム)との連携APIが用意されていることを考慮し、日経バリューサーチを選択しました。
コーポレートマーケティング室
日経バリューサーチの業界情報で個々の会社よりも広いスコープでリサーチした上で、営業部門と相談して次の展開を決めています。
経営推進本部 経営企画部
訪問先企業の財務データなどをグラフ化して出力し、メンバーと共有することで、より突っ込んだ議論や意見交換ができるようになりました。
 
以前は3種類のデータベースにアクセスしていました。日経バリューサーチなら1つのサイトで一括検索できるところが、最もうれしい点です。

導入実績

業種・部門を問わず
多くのお客様にご導入頂いています。

  • メガバンク
  • アセットマネジメント
  • ブティック型コンサル
  • 建設
  • 地方銀行
  • 監査法人
  • 電機・通信
  • 食品
  • 証券会社
  • 大手戦略コンサル
  • 医療・介護
  • 人材派遣 など
ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
日本経済新聞社・デジタル事業ヘルプデスク

TEL 0120-216-216
(平日9時~19時)