企業・業界分析に必要なすべてを備える
情報プラットフォーム「日経バリューサーチ」

日経バリューサーチでは
帝国データバンクの100万社超の企業情報を収録!

例えば、国内非上場を含めた
営業先ターゲティングリストもすぐに作成できます!

1. 企業を抽出し...

「所在地」「550の詳細な業種」「売上高」「従業員数」などの条件で抽出。結果の確認、項目などの修正も一瞬です。

2. 用途に合わせて...

リスト結果に会社URLや事業所住所などの項目を加えてカスタマイズ。用途に応じたリストを手軽に作成できます。

3. 結果をダウンロード!

結果は、ボタン1つでエクセルファイルに。そのまま使うことも、加工して内部資料に加えることも出来ます。

10万系列の業界統計・IR情報で市場規模分析

経済統計・IR情報

業界団体・官公庁の公表する業界統計や経済統計、企業が公表する受注高・販売数・店舗数などの事業データで、市場環境を数値的に分析することができます。

毎月更新!業界解説レポート

約550業界について、日経記者が毎月提供する市場・競争環境分析レポートで、業界の概要、市場動向、主要プレーヤーなどを瞬時に把握できます。

業界や地域別の動向を知る

企業の戦略的事業活動や投資活動を集約した独自データベース「日経企業活動情報」で、業界の動向や国・地域別の動向も分析することができます。

同業他社様での有効活用事例もご紹介しております。
まずはお気軽にご相談ください。

ビジネスに直結する収録コンテンツ

日経だから提供できる、確かな情報
圧倒的な情報量

国内企業
非上場企業含む
100万
海外企業
 
37千社
業界レポート
 
550
統計情報
 
10万
人物情報
 
30万
新聞・ニュース
 
1000本/1日

企業・業界を深掘りして、ビジネスの質を高める

非上場企業を含む国内約100万社、海外3万7千社の数値情報、定性情報、約550の業種レポートなど、
企業・業界分析に必要なコンテンツを網羅。

企業・業界を広く知って、ビジネスの先を読む

さらに、国内最大級の会員制ビジネスデータベース「日経テレコン」の誇る100万社超の企業情報や、
500種以上の多彩なメディアに配信された記事・ニュースもまるごと活用できます。

掲載企業
日経テレコン
100万社
専門誌・雑誌
日経テレコン
500

日経記者による
最新の業界レポートも毎月提供

約550業界について、市場動向や競合企業、業界の特性(商慣習や専門用語)など、日経記者による市場・競争環境分析レポートを毎月提供。経済・業界統計、業界全体の株価、財務状況も集約されているので、業界動向を一目で把握できます。

作業を効率化する、便利なレポート機能

データやグラフをExcel数表にも、PowerPointやPDFレポートにも連携。
資料作成の時間を劇的に削減します。

PDF,PowerPointファイルをダウンロード

キャッシュフローの推移

株価関連

貸借対照表の比較

競合比較:ROE分析

直感的に使える優れた操作性

驚くほど簡単に、数値情報やテキスト情報を入手・分析することができます。
企業比較やスクリーニングなどの便利な分析機能で作業時間も短縮に。

同業他社様での有効活用事例もご紹介しております。
まずはお気軽にご相談ください。

導入実績

業種・部門を問わず多くのお客様にご導入頂いています。

メガバンク
アセットマネジメント
ブティック型コンサル
建設
地方銀行
監査法人
電機・通信
食品
証券会社
大手戦略コンサル
人材派遣
医療・介護 など

お客様の声

日経バリューサーチがご提供する確かな情報と、
多彩な機能によってビジネスを変えたお客さまの声をご紹介します。

大手金融機関
調査部 様

情報の正確性はやはり日経が一番ですね。
そのわりに日経バリューサーチの料金設定はリーズナブルだと思います。

大学院 教授

これ1台あれば他の情報ツールは要らないですね。

メーカー
経営企画 様

詳細な決算データを使った経営会議資料が短時間で作成可能に。
新聞情報で付加価値をつけた資料は上司からも高評価です。

IT企業
営業企画部 様

企業スクリーニング機能でターゲットリストが簡単に作成できます。
情報収集の時間が短縮し、営業効率が飛躍的にアップしました。

メーカー
営業部門 様

役立つ情報をタイムリーに収集できるので、効果的な提案営業に
つながっています。お客様からの信頼感もぐっと上がりました。

サポート体制

安心してご利用いただくため、サポートチームが常駐しております。
導入時も導入後もすばやく問題を解決し、お客様をサポートしていきます。

導入支援
営業担当者がお客様を訪問しサービス概要を説明。お客様のご利用用途に沿った機能をご紹介します。
アフターサービス
ご利用中の不明点や疑問点を、お電話やメールなどで随時受け付けております。
スキルアップ支援
お客様の社内で操作方法の説明会などを随時行います。お客様を対象としたセミナーなども開催しております。

まずは14日間無料ではじめる、新しいビジネススタイル

日本経済新聞社デジタル事業ヘルプデスク
TEL 0120-216-216 (平日9時~19時)