営業生産性の向上を図る
「日経バリューサーチ」

日経バリューサーチ for SFA
ターゲットリスト選定から、アプローチ機会の最適化をトータルサポートします。

日経バリューサーチ for SFAは、日本経済新聞社の新聞記事や人事・人物情報、企業情報を
SFAプラットフォームにオンデマンドで組み込めるサービスです。

ご導入のポイント1

一瞬で、ターゲット選定!

営業先のターゲット選定がたった1分で可能になった。また、SFAツールと連携させることで営業チームの情報力が向上した。
ご導入のポイント2

顧客訪問の増加!

選定したターゲットの動向・人事異動情報から訪問のきっかけを掴める様になった!

日経バリューサーチ for SFAの主な機能

取引先を分析する

取引先の新聞記事を自動配信

営業担当者が日々利用するSFA上に、取引先の業績推移や新聞記事、人事異動情報を自動連携します。 日経独自の解説コメントで足元の業績や課題、主要な事業戦略を瞬時に把握。担当企業に関するどのような小さなニュースも人事異動情報も漏れなく把握可能になります。

人事異動情報の最新取り込み新機能

日経が提供する国内7,000社以上の人事異動情報を、SFA上に登録された取引担当者と自動連携します。メンテナンスの負荷なく、 部署や役職などの取引先に関する情報を最新の状態に保つことが可能になります。

企業データの取り込み新機能

新規取引先を登録する際に、日経が持つ約30万社の企業情報から社名や住所、業種、従業員数、売上高などの基本情報をSFAに取り込むことができます。

入力作業を効率化するとともに、SFA上の企業情報の正確性が向上します。SFA上に正確なお客様の情報を保持することは営業活動およびマーケティング活動での重要な課題です。

注目のトピックスを切り口にニュースを共有

SFAツール上に社内やチーム内で共有したいトピックスに関わる新聞記事を自動配信します。例えば、「RPA」「人工知能」「競合に関する情報」といった トピックスに関わる新聞ニュースを、社内の特定のグループやチーム内で日々自動共有。新聞記事の切り抜きやクリッピング作業の手間を軽減します。

また、新聞ニュースにコメントを付与して共有することで、営業担当者へ“気付き”を提供し、アプローチチャンスを創出します。 また、重要なニュースをきっかけとして戦略的コミュニケーションを活性化することで、組織全体の営業力向上も期待できます。

新規顧客を開拓する

業界別の自社シェアが見える「業界分布図」新機能

業界ごとの自社シェアとホワイトスペースを見える化し、攻め切れていない業界をあぶりだします。例えば、(1)大分類ベースで業界別の自社シェアを俯瞰→(2)気になる業界をドリルダウンして、 中分類ベースで自社シェアを確認→(3)さらに気になる業界をドリルダウンし、小分類ベースで自社シェアを確認→ (4)小分類を展開して所属企業リストと取引額を確認することができ、ターゲット企業の抽出も可能です。

接点の無いキーパーソンの情報を取得新機能

日経が持つ30 万人の人物データベースから、アプローチしたいキーパーソンの情報(氏名、部署、役職、社内歴、社外歴など)を SFAに取込むことができます。これまで接点がなかった17,000社、 30 万人へのアプローチを可能にし、ビジネスチャンスを拡げます。

営業機会を逃さない

ニュースや人事異動を漏れ無く把握する「アラート機能」新機能

担当企業の新聞ニュース、人事異動情報をメールやSFAプラットフォーム上でお知らせする機能も搭載。担当企業の事業戦略転換や人事異動・機構改革などのアプローチタイミングを逃さず、機会ロスを防ぎます。

担当の「企業」単位ではなく、ウォッチしたい「個人」単位での人事異動情報アラートも設定できますので、キーマンの昇進や異動も漏れなく把握できます。

日経バリューサーチ連携

SFAからシングルサインオンで、日経バリューサーチの分析・レポート機能へ。
「企業ブリーフィング資料」もワンクリックで作成。訪問準備もあっと言う間です。

企業基本
大株主など
人事情報
決算・株価
新聞記事
業界レポート

「日経バリューサーチ for SFA」で営業生産性を向上させませんか?

PDF版・活用事例集で、SFAへの導入効果を是非ご覧ください。

Salesforceをご利用のお客様

Salesforceの各エディションおよび Salesforce1, Lightning Experience に対応。
下記、AppExchangeリンク先よりインストールすることが可能です。

Salesforce以外のSFAをご利用のお客様

日経バリューサーチのAPIを利用し、お使いのSFAに組み込むことが可能です。

導入事例

情報の信頼性、情報収集の効率の良さから、数多くの企業が導入しています

新しいマーケティングを体験してみませんか?

営業力アップのためにABMを有効に実践するには...
SFAに日経の情報力を組み込むとどのように時短につながるのか...