サプライチェーン情報の提供を開始

国別セグメント情報の提供、営業ターゲットリスト作成に役立つスクリーニング機能の強化なども

9月20日(火)に「日経バリューサーチ」を機能拡充しました。
サプライチェーン情報の提供開始により個別企業ごとに主要な仕入れ先や販売先など「企業同士のつながり」が可視化され、より深い企業分析が可能になります。
事業内容や事業所所在地からのスクリーニング機能が実装され、営業ターゲットリストの作成がより便利になりました。

1. サプライチェーン情報の提供開始

「企業同士のつながり」が容易に把握できる『サプライチェーン情報』の提供を開始しました。主な特徴は下記の通りです。

 

  • 上場企業(日本企業および海外企業)ごとに仕入先/販売先/提携先を一覧で表示します。
  • 相手先企業の国・名称の他、同社の時価総額、業種分類(FactSet分類)を出力します。
  • 仕入先については、相手先企業の売上全体に占める割合を合わせて表示します。
  • 提携先にはライセンス供与先、製造販売協業先、投資先、ジョイントベンチャ、共同研究先が該当します。

 

※FactSet Research Systems Inc. が調査提供するサプライチェーン情報です。
※国内企業の情報は、海外企業オプションのご契約のないお客様もご利用いただけます。

サプライチェーン情報の提供を開始


2. 国別セグメント情報の提供

企業ごとに、国別・地域別にどれだけの収益を上げているかが容易に把握できる『国別セグメント情報』の提供を開始しました。
主な特徴は下記の通りです。

 

  • 国別・地域別に上場企業の収益分布を把握できます。
  • 公表値の他、FactSetによる推計値も含まれます(各国GDPでウェート付け)

 

※FactSet Research Systems Inc. が調査・推計・提供するGeographic Revenue(地域別収益)です。
※国内企業の情報は、海外企業オプションのご契約のないお客様もご利用いただけます。

サプライチェーン情報の提供を開始


3. スクリーニング機能の強化

スクリーニング機能における抽出条件として、下記の項目がご利用いただけるようになりました。営業ターゲットリストの作成がさらに便利になります。

 

  • 「上場年月日」
  • 「取締役人数」「社外取締役人数」「社外監査役人数」「監査等委員人数」「社外監査等委員人数」
  • 「事業内容・事業名」を抽出条件として利用可能に(「企業基本」グループ)
  • 「事業所住所」
サプライチェーン情報の提供を開始