ウェブセミナー・参加費無料

ポートフォリオ経営と資本コスト

2021.3.23(火) 11:00〜12:30

お申し込み受付は終了しました。

セミナー内容

2021年春に改訂される「コーポレートガバナンス・コード」では、ポイントの一つとして「ポートフォリオ戦略の実施など資本コストを踏まえた経営の更なる推進」が挙げられています。

日本の各企業は「会社の持続的な成長」と「中期的な企業価値向上」を目的に、事業ポートフォリオの組み換えや資本コストを意識した経営が求められます。

そこで今回のセミナーでは、一橋大学大学院 経営管理研究科 教授の野間幹晴氏に「ガバナンス改革と企業価値」について講演いただく他、事業ポートフォリオ再編の先端を行くオムロン株式会社取締役の安藤聡氏、ソニー株式会社財務部シニアゼネラルマネージャーの早川禎彦氏に、自社の取り組みをご紹介いただきます。
また、後半ではパネルディスカッションを通じて、さらに理解を深めます。

この機会に、「ポートフォリオ戦略の実施」と「資本コスト経営」について、更なる理解を深めてみませんか?

セミナー対象

事業ポートフォリオ戦略を検討されている経営層・経営企画の責任者の方

ROIC経営、資本コスト経営を実践されたい経営層・経営企画の責任者の方

当日プログラム

2021.3.23(火)・オンライン開催

11:00〜

当日プログラムのご案内

(司会)日本経済新聞社 デジタル事業 情報サービスユニット 石山 望

第1部
11:05〜

ガバナンス改革と企業価値

ポートフォリオ経営と資本コスト経営について、次の3つの講演を行う。第1にコーポレートガバナンス改革の経済的帰結について、第2に資本コスト経営の実践に向けた課題について、第3にポートフォリオ経営の展望について説明する。最後に、ガバナンス改革と日本企業の企業価値向上へ向けた課題について説明する。

野間 幹晴 氏
一橋大学 大学院経営管理研究科 教授
1997年一橋大学卒、2002年同大より博士(商学)取得。横浜市立大学助教授などを経て、現職。著書に『退職給付に係る負債-内部負債の実証分析』中央経済社、2020年(第63回日経・経済図書文化賞)等。経済産業省企業報告ラボ座長、バンダイナムコホールディングス社外取締役、ナイス社外監査役を兼務。
第2部
11:25〜

オムロンの「ROIC経営」の取り組みについて

企業価値の持続的向上を実現するためには<企業理念>・<コーポレートガバナンス>・<資本コスト経営>を統合したうえで実践する必要がある。加えて、PL中心からBSとキャッシュフローを重視した経営に転換することが重要である。

今回のセミナーでは、特にオムロンの「ROIC経営」に関して「ROIC逆ツリーによる社内への展開・浸透」および「ポートフォリオマネジメント」について解説する。

安藤 聡 氏
オムロン株式会社 取締役
1977年慶應義塾大学法学部卒業、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、2007年同行退職。同年オムロンに入社し、常勤監査役、2011年執行役員経営IR室長、2015年執行役員常務グローバルIR・コーポレートコミュニケーション本部長を経て、2017年6月取締役に就任し、現在に至る。

ソニーの多様な事業ポートフォリオと
長期的な価値創出に向けた取り組み

ソニーでは、「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」というPurpose(存在意義)、そして「人に近づく」という経営の方向性のもと、長期視点の経営による価値創出を進めている。

本セミナーでは、ソニーにおける「人」を軸とした多様な事業ポートフォリオを強みとした取り組みや、21年4月に予定されている、グループ経営の強化に向けた経営機構改革などについて説明する。

早川 禎彦 氏
ソニー株式会社 VP 財務部 シニアゼネラルマネジャー
1990年さくら銀行(現三井住友銀行)入行。2001年にソニーに転職、財務部で企業財務全般を経験し、2008年に米国(NY)赴任。2013年に日系電機メーカーに転職、同社が買収した米国企業のPMI・経営に参画。2018年6月に帰国しソニーに復帰、2020年7月より現職。財務全般・IRを統括。米ミシガン大学経営学修士(MBA)。
第3部
12:00〜

パネルディスカッション

事業ポートフォリオ再編と企業価値向上

野間 幹晴 氏(モデレーター)
一橋大学 大学院経営管理研究科 教授
安藤 聡 氏
オムロン株式会社 取締役
早川 禎彦 氏
ソニー株式会社 VP 財務部 シニアゼネラルマネジャー

※セミナー内容は予告せず変更となる場合があります。

開催概要

日時

2021年3月23日(火)11:00~12:30(開場 10:50)

開催形式

Teamsライブイベントでの録画配信

参加・視聴の詳しい手順(PDF)はこちら »

事前に接続テストを実施いただくことをお勧めいたします。

※タブレットやスマホでご視聴の場合、ブラウザから視聴することが可能ですが、アプリで視聴するには事前に専用アプリ(MicrosoftTeams)のインストールが必要です

参加費
無料

お申し込みの受付は終了しました

備考

なお、以下の方はお断りする場合があります。

・勤務先やご連絡先が確認できない

・会社のメールアドレス以外からのお申込み

・個人でのお申し込み

・弊社の競合企業の方

※ 3名以上の場合はご調整をお願いする場合がございます。

主催

株式会社日本経済新聞社 デジタル事業 情報サービスユニット

お問い合わせ

日経デジタルソリューションセミナー事務局
nkp_event@nex.nikkei.co.jp
※メールでお問い合わせください。