確かなデータで
未来を構想する。

Nikkei-astamuse
成長領域レポート

世界中のイノベーションデータベースと
専門アナリストの分析を基にした2025年の有望成長領域の未来図。

Nikkei-astamuse
成長領域レポートとは

アスタミューゼが全世界の論文・特許、国内外の国際会議やシンポジウム、展示会等のデータベースを活用し、
今後10年から20年のスパンで大きく成長が見込まれる136の領域を独自に策定。
日本経済新聞社が関連ニュースなどをまとめ、現在と近い将来の成長領域を立体的に解説します。

成長領域の基本情報

関連特許の動向

知財から見た主要プレイヤー

科研費から見るプレイヤーと注目分野

ベンチャー企業における設立・資金調達の動向

136の有望成長領域を確認する

特徴1

世界80ヵ国の
イノベーションデータベースを
基にした分析

1億件超のイノベーションデータベースは、各成長領域におけるイノベーション動向を、ビジネス・テクノロジー・サイエンスの各レイヤーをまたいで網羅します。

このデータベースと専門アナリストの分析を基にした有望成長領域の未来図によって、断片的な情報で事業開発するリスクを払拭します。

特徴2

有望成長領域の
ランドスケイプが俯瞰できる

5年後、10年後の有望成長領域がどこにあるのか?
その領域が自社とどう結びつくのか?

成長領域のランドスケイプから今後の見通しまで、
トピックについての全体像を掴むことができます。

特徴3

プレイヤーリストが
次のアクションを生みだす

リーディングプレイヤー

質・量とともに優れた特許を持つ企業

フューチャープレイヤー

数は少ないが優れた特許を持つ企業

上位プレイヤーの特許については
概要を掲載

特許の競争力を計る独自指標「エッジ指数」を使い、本当に強い特許を持つ企業・研究機関リストを提示します。
また、世界で注目されているグラントテーマランキングや成長領域に関するベンチャー企業への投資動向といったプレイヤーリストが事業開発における“アクション”を支援します。

例えば、プレイヤーリストから
このようなことが分かります

Nikkei-astamuse
成長領域レポートが
解決する新規事業開発の課題

総合電機・事業開発部門

長期戦略・未来構想をする上で欠かせない市場理解や関係者の認識共通化に役立ちました。自社や競合が保有する技術・アイデアを洗い出し、競争力、ポテンシャルを診断する上で、網羅的な情報が必要でした。

食品メーカー・事業開発部門

市場調査や事業コンセプトの議論の後に、具体的なアクションに結び付けるのが難しい。Nikkei-astamuse成長領域レポートの具体的で網羅的なプレイヤーリストがそれを解決してくれました。事業コンセプトを実現するのに必要なヒトの獲得と協業パートナーを見つける際に有用です。

繊維大手・事業開発部門

事業コンセプトを具体化して自社のケイパビリティと必要な外部資源を把握する際に、川上から川下までのビジネスチェーンや関係する要素技術、特許を持つ企業のリストなどが役立ちました。

データ、サービスで
アクションを強く援護

企業リストや特許など、「Nikkei-astamuse 成長領域レポート」で使用したバックデータや、ランキングの詳細データなども提供します。また、お客様のリクエストに応じたレポートの制作や、事業プランの策定などのコンサルティングなども承っております。

レポートに使用した
データのご提供

未来構想をベースとした
コンサルティングサービス

まずは
主要コンテンツがご覧頂ける
特別編集版をご覧ください

特別編集版サンプルレポートをダウンロードする

お客様に最適な領域を
ご案内します

また、ご購入検討に当たり、レポートの内容をご覧頂くことができます。
お気軽にお問合せください。

136の有望成長領域を確認する