2017/6/7(水) お知らせ

[新サービス] 日経バリューサーチ for SFA リリース

SFA×日経の情報で
ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)を加速

日経バリューサーチは、Salesforceを始めとするSFAツールと連携し、アカウント・ベースド・マーケティングを後押しする機能をリリースしました。日本経済新聞社が有する情報をSFAプラットフォームに組み込み、ターゲット選定から顧客情報の収集、アプローチプランの実行まで、様々な営業シーンで生産性を向上させます。

担当企業や業界の課題・動向を1分で把握

1. 業績・新聞記事・人事異動情報をSFA上に自動配信

営業担当者が日々利用するSFAツール上に、営業担当者が把握すべき取引先の業績推移や新聞記事、人事異動情報を連携し、ワンストップで参照できるようにすることで適切なアカウント戦略へ導きます。日経独自の解説コメントで足元の業績や課題、主要な事業戦略を一瞬で把握。担当企業に関するどのような小さなニュースも人事異動情報も漏れなく把握可能になります。

2. 注目のトピックスを切り口にニュースを共有

例えば、「人工知能」「ウエアラブル」「競合に関する情報」といったトピックスに関わる新聞ニュースを社内やチーム内で自動共有。新聞ニュースにコメントを付与して共有することで、営業担当者へ“気付き”を提供し、アプローチチャンスを創出します。

3. SFAから日経バリューサーチへダイレクトにアクセス

SFAプラットフォームからシングルサインオンで日経バリューサーチの多彩な企業・業界分析コンテンツ・レポート機能が利用できます。 企業の概要や役員情報、最新ニュース、業界レポートなどをまとめた40~50ページの「企業ブリーフィング資料」もワンクリックで完成。訪問前準備の時短を実現します。

攻め切れていない業界・企業を一瞬で可視化

4. 条件に合う企業を自動抽出する「ターゲティング機能

「V字回復企業」「広告宣伝費が増えている企業」などの多様なシナリオと、業種、所在地、企業規模などを掛け合わせた、ターゲット抽出シミュレーションが手間なく行えます。ターゲット企業と自社間の取引の有無や取引額を可視化し、“攻めるべき企業”をあぶり出します。

5. 業界別の自社シェアが見える「業界分布図」

業界別の自社シェアを自動表示。攻め切れていない業界の見える化を実現します。

アラート機能で営業機会ロスをゼロに

6. 重要なニュースや人事異動を漏れなく把握するための「アラート機能」

担当企業の新聞ニュース、人事異動情報をメールやSFAプラットフォーム上でお知らせする機能も搭載。キーマンの異動や戦略転換などの重要なアプローチチャンスを逃しません。

セミナー

受付は終了しました
東京都
2017/7/7
14:00-16:00
日経デジタルソリューションセミナー
「マーケティング・オートメーションに活きるデータとは」
 本間充氏(アビームコンサルティング株式会社)
「営業力の強化は『見える化』から始まるー3つの可視化 営業プロセス・ストーリー・キーマンー」
開催終了
東京都
2016/7/20(水)
14:00-16:00
日経デジタルソリューションセミナー
「M&Aの買収プレミアムの最近の傾向について」
早稲田大学ビジネススクール 教授 鈴木一功先生

お知らせ

2017/6/7(水)
[新サービス] 日経バリューサーチ for SFA リリース
日経が有する情報をSFAプラットフォームに組み込み、ターゲット選定から顧客情報の収集、アプローチプランの実行まで、ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)を加速させる「日経バリューサーチ for SFA」をリリースしました。
2017/4/10(月)
営業効率をアップする各種機能、Euromonitor調査レポートを提供開始
訪問前準備を時短する「企業ブリーフィング資料」、好調な業種や事業セグメントをあぶりだす「業種ターゲティング機能」、「Euromonitor調査レポート」を提供開始しました。
2016/12/7(水)
帝国データバンクの未上場を含む100万社以上の企業情報を収録(プレスリリース)
2017年1月初旬に帝国データバンクが保有する、国内企業に最も利用されている未上場企業を含む国内100万社以上の企業情報データの提供を始めます。取引先や事業提携先候補のリストアップや、企業のリサーチ業務にも役立ちます。
2016/9/20(火)
サプライチェーン情報の提供を開始
主要な仕入れ先・販売先など「企業同士のつながり」を可視化するサプライチェーン情報の提供を開始しました。営業ターゲットリスト作成に役立つスクリーニング機能の強化も実施。
ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
日本経済新聞社・デジタル事業ヘルプデスク

TEL 0120-216-216
(平日9時~19時)