2020年2月
新・日経バリューサーチ登場

新バージョンのお知らせ | 2020.1.7

日本経済新聞社が提供する企業・業界分析ツール「日経バリューサーチ」は、2020年2月13日より、日経IDと連携した新バージョンの提供を開始しました。AI解析による検索機能やスタートアップの企業情報、成長領域の市場予測レポートを追加し、業務に直結した情報をよりスピーディーにご提供します。

現在、日経バリューサーチをご利用中のお客様へ

現在の日経バリューサーチのIDでは新しい機能やコンテンツはご利用頂けません。新バージョンのご利用には日経ID(無料)が必要になります。
ご利用のお客様には、弊社担当より移行手順などを連絡いたしますので今しばらくお待ちください。

これまでにない発見をAI解析機能で

新バージョンでは、新聞記事・開示資料から企業の課題事業内容を抽出・リスト化したり、関連ワードをサジェストする「AI解析」機能がこれまでにない発見を提供します。
例えば、「5G」に関わるプレイヤーが誰か、関連するトピックにはどういったものがあるか、デジタル・トランスフォーメーションを課題に掲げている企業がどこか?といった従来の検索では難しかった検索ができるようになります。

知的生産性を上げるコレクション機能

日経記者が「顔認証」「スリープテック」「NEXTユニコーン」といった注目の視点で、記事や企業、統計情報をコレクションして新たな視点をご提供します。
さらに、多彩な情報へ即座にアクセスができる「マイコレクション」機能を使えば、特定テーマの定点観測やチーム内での情報共有にもお役立て頂けます。

未来を見据えた新コンテンツ

ケップルの「スタートアップ企業情報」および、アスタミューゼの「有望成長領域レポート」が新たにご利用になれます。

ケップル スタートアップ企業情報

投資家と起業家をつなぐプラットフォームサービスを提供している株式会社ケップルが収集したスタートアップ企業、4,000社超の企業情報を新・日経バリューサーチで提供予定です。
「圧倒的に公開情報が少なく」「リサーチコストが高くつく」スタートアップの企業情報やファイナンス情報がまとめて取得でき、協業先や投資先として有望なスタートアップ企業の調査にご活用いただけます。

アスタミューゼ有望成長領域レポート

世界80ヶ国の特許、研究開発、新製品情報、資金調達情報のデータベースを保有するアスタミューゼ株式会社が独自に定義した「未来を創る2025年の有望成長領域」のレポートを提供します。
今芽吹きつつある黎明期の技術シーズや、今後10年から20年のスパンで大きく開花すると期待される初動段階の技術市場など、未来を創る技術分野について、各分野に精通した専門アナリストが市場規模予測、成長段階、主な技術要素、関連市場、プレイヤーなどをまとめてレポートとしてお届けします。